21
8月

婚約指輪のデザイン

婚約指輪を選ぶ コメントは受け付けていません。

婚約指輪を選ぶとなれば、女性にとっては一大事ですよね。婚約指輪選びをする時はわくわくとても楽しいことだと思います。婚約指輪にはどんなデザインがあるのでしょうか?

婚約指輪の定番といえば、ソリティアです。石を一粒セットした指輪です。特にダイヤモンドの指輪が人気で、立て爪で留めるタイプが圧倒的に人気があります。シンプルなデザインですが、アームのデザインは豊富にあり、そのデザインや爪の形で印象が異なります。リングの形よりもメインとなる石を目立たせるデザインとなるために、人気のダイヤモンドである場合は、4Cにこだわる人が多い様です。

メインの石を華やかに引き立たせるのがメレです。メインとなる石の脇にメレダイヤがあしらわれているデザインです。メインの石の大きさを控えめにしたとしても、脇にメレダイヤを入れることでとても華やかな印象になります。メレダイヤの数や並べ方などでイメージを変えることができます。

とにかく華やかな婚約指輪が良いという人にお勧めなのがパヴェです。パヴェは、メインの石だけではなくその周りのアームにダイヤを敷き詰めたデザインでとてもゴージャスな婚約指輪です。パヴェとは、フランス語で敷石という意味で、その意味通りにメレダイヤが敷き詰められています。メインの石をいれずに全てメレダイヤで敷き詰めているデザインもあります。

その他、ダイヤモンドではなく、誕生石など好きな宝石を取り入れたデザインもあります。メインの宝石の横に誕生石を並べたデザインでオリジナルの婚約指輪も素敵です。

Comments are closed.